本編以上の技量

「化物語 ひたぎクラブ」をオーディオコメンタリーで視聴。
キャラクターが語る全く新しいオーディオコメンタリー(以下ACと略)とあったが‥確かにこれは新しい。
というかACという名のシナリオ。
通常のACなら割と自由に、場合によっては画面に関係のない話で終わるものもあるが、これはとにかく画面に合わせて(関係のない話もあるけど)時を刻むようにしゃべる。
遊ぶ余裕全くなし。
西尾維新も時間を考えて脚本を書いてはいるだろうが、声優二人(斉藤千和・堀江由衣)は本編より大変じゃなかったろうか。
ある意味出演者に対する西尾維新からの挑戦状?(言い過ぎか)
なお1話は冒頭の翼のぱんつ、2話はAパートのひたぎのヌード&下着姿でOK(何が)。


化物語 ひたぎクラブ 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2009-09-30

ユーザレビュー:
オーディオコメンタリ ...
原作好きなら間違いな ...
買った甲斐あり。久し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



本日の購入
「一騎当千」第16巻
「めだかボックス」見当たらなかったがもう店頭分売切れ?

すっかりMMD動画に首ったけ(古)で↓

これなんか普通に一つの作品として扱ってもおかしくない出来。
何かわからんがデフォ子可愛いよ。


"本編以上の技量" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント