ウォーキング 八代

4回目です。
遠方ということもあり熊本市内に前泊しました。
震災から半年、復興支援の意味合いもありつつ…。
夕食は何故かホテル近くのカレーでしたが。

さて八代は熊本から約40分。
行きの車内にはウォーキング目的の客が結構いました。

画像
8時40分に到着した八代駅前は既に大勢の客が。
無形民俗文化財に指定されている八代妙見祭の行列が到着する直前でした。
待ってると時間をロスするし、人も増えるのでスルーして出発。
この後、街中を歩きましたが、所々家の軒先に妙見祭の提灯が下がっていました。

画像
八代神社・妙見宮です。
ここへ来るまでの参道は出店がズラリ。
どこでも祭りの時の街並みは同じですね。
中でとりあえずお参りしました。

画像
鳥居から南に下った先の砥崎河原。
ここでも祭りの催し物があるようです。
(写真にあった馬追いで河に入るのかな?)

画像
この後、橋を渡り、川沿いを東へと。
川には「ガアガア」と鳴く声がありました。

画像
アヒル?ガチョウ?数羽の群れが泳いだり餌を求めたり。
ここに住みついているんでしょうか。

画像
更に進むと真新しい懐良(かねなが)親王墓公園の表示。
公園と言っても道に挟まれて樹木が植えられているという感じでしたが。

画像
行きついた先の妙見中宮跡。
おそらく昔お宮があって、新しく建物を建てたのでしょう。
ここで1時間経過し、折り返します。

この後、妙見宮の東を北へ向かいましたが、
お祭りを見に来たと思われる車と何台もすれ違いました。

画像
さらに北上した先の東片自然公園。
公園と言いつつもメインはこの777段の石段。
登らないわけにはと登りましたがこれはきつかった…。

画像
頂上(?)はこの手前にスペースがあるようでしたが、歩き回る気力はなく…。
今回のコース、ファミリー向けとなってますが、この上り下りは小さい子供とお年寄りには無理かと。
何とか登ったとしても降りれなくなります。

画像
眺望は八代一円を見渡せてよいですけどね。
上り下りのみで20分、ここまでで2時間経過。

画像
約30分西へ歩き、見えてきたのが八代よかとこ物産館。
新八代駅も目の前で、新幹線開業に合わせ作られたんでしょうね。

画像
その中の一角にある松中信彦スポーツミュージアム。
歴史と共に記念の品が展示されていました。

画像

画像
中央は撮影可でこのような広いスペース。
なお、松中本人だけでなく、ソフトバンクの今季の戦績や他スポーツの情報も掲示されてました。

画像
物産館の方は土産物もあり、ちょっとした道の駅並みの品ぞろえ。
レストランもあったのでここで早めの昼食を取りました。
トマトラーメンが名物のようでしたが、普通に日替わり定食を。
お代わりできるのはポイント高し!

画像
ゴールの新八代駅です。
12時過ぎに着きましたが、昼食j時間を除けば歩いたのは実質3時間。
777段の石段を除けばフラットな歩きやすいコースだと思います。

これで4回の参加、スタンプカードは10ポイント超えるはずが、
前回の大牟田に行く途中で紛失してしまい届かず…。
また来季に参加したいと思います。

この後には続きがあり、また後日に。



"ウォーキング 八代" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント