「脳男」

タイトルのインパクトに惹かれて観てきました。
期待せずに観たせいかなかなか面白かったです。
観終わってスカッとするものではなく、かなり救いが無い結末ですが。
原作は江戸川乱歩賞を受賞しているそうで納得。
何となく“昭和”臭を感じたのは私だけでしょうか。
エンドクレジット見て山崎ハコを見つけ、どの役?と調べたら一番不幸になる母親でした。
まぁでもこれは主演の生田斗真に尽きる映画ですね。
感情を持たない殺人マシーンというこれまでなかったダークヒーローを鮮烈に演じてました。
久々に異色の邦画でした。

XBOX360、結局買い直しました。
中古ですけどね~。
改めてDOA5やり直してます。
が、やっぱりライブに接続してダウンロードできるようにしないといろいろ半減しますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック