アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅行」のブログ記事

みんなの「旅行」ブログ


ウォーキング 鹿児島(幻)

2017/02/12 17:09
6回目(幻)となりました…。
熊本(八代)同様、前泊してスタート地点(鹿児島駅)に時間前に着いたら雪で中止の張り紙。
前日は確かに雪に見舞われたものの、九州新幹線は多少の遅れで到着したので大丈夫だと思ってたんですが。
ここまで来てただ帰るのもなと、構内に入ったら駅員さんがいて、コースマップをもらい歩きました。

画像
鹿児島駅

画像
薩摩義士碑

画像
西郷隆盛像

画像
城山公園入口

画像
城山展望台から見た桜島

画像
城山公園遊歩道(頂上付近)

画像
城山観光ホテル付近

画像
照国神社

画像
照国神社前大鳥居


画像
大久保利通像

画像
鹿児島中央駅

係員がいないので途中コースを間違うこともありましたが、ほぼ2時間でゴールしました。
問題は城山展望台への登り下り。
登りの遊歩道は木の枝から落ちる雪にまみれました。
下りは曲がりくねった石段で、足運びに注意が必要でした。
雪で中止となったのは多分ここがコースに含まれていたからだと思います。
ポイントもらえなかったのは残念ですが仕方ありませんね。

ちなみに前日は天文館の「牡丹」というお店で豚の角煮と芋焼酎他をいただいた後に、「豚とろラーメン」で一杯。
当日の朝もホテルの朝食バイキングでカレーを食べました。
豚づくしの鹿児島の旅でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おれんじ鉄道と田浦町探訪

2016/12/03 22:15
前回の続きです。
八代まで来たならもう少し足を伸ばそうと思い、

画像
おれんじ鉄道で南へ向かいました。

画像
行きの列車はこちら。
1両編成でお客も多くなくのんびりした30分でした。

画像
着いたのは肥後田浦駅。
以前より同じ苗字の町を訪ねてみたいと思っていまして。
正確には読みは「の」が入るし、市町村合併で葦北町になっちゃいましたが。

画像
駅前の案内板。
これ見ただけでも田舎町だとわかりますね。
駅を出て北へ向かいます。

画像
国道沿いから見た田浦港。
途中出会う町人は中学生と小学生くらいでした。
驚いたのはみんな挨拶をしていくこと。
人に会ったら挨拶するよう教えられているんですね。

画像
海沿いから外れ、行きついた先に田浦小学校がありました。
中学校はこの少し先にあるようです。

画像
で小学校の目の前にあったのが赤松館。
実は事前に調べて土日しか開館してないと知り、目的地から外していました。
偶々訪れたら偶々開いていたようです。

画像
ここは藤崎彌一郎という方が建てた住家で、建築物として国の有形文化財となっています。
入館者が少なかったせいか、受付の方がつきっきりでガイドしてもらいました。
古い建物にもかかわらず、造りはしっかりしており、素人でも見事な建築技術だとわかりました。
熊本震災の影響もほぼなかったとのこと。

画像
赤松館の前の道。
向かい合わせに小学校と文化財があるというのも良いですね。
赤松館を後にし、再度国道に出て東に向かうと、

画像
道の駅たのうらに着きます。
高速のIC降りてすぐの場所にあるようです。
中はそこそこの物産館という感じ。

画像
表にあった顔出しパネル。
村枝賢一って確かサッカー漫画をサンデーに描いていたはず。
この後は西へ。

画像
帰りはたのうら御立岬公園駅から。
駅名の御立岬公園は海側になり、夏場は客も多いのかもしれません。

画像
帰りも1両編成。
1時間半の滞在でしたが、訪れることができて良かったです。

可能ならば次は神奈川の田浦町に行ければなと。
ただ今回同様、別の目的地があって、そのついでになりそうですが。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出雲・松江旅行 3日目

2016/07/21 22:33
続き、最終日は帰るだけですが、帰るまでが旅です。
いつものように6時には起きて、7時半にはホテルを後にしました。
画像
松江駅です。島根で行われるインターハイは中国大会でしたね。
画像
7:51発のやくもで出発。行きは夜だったので車窓から眺めを楽しみます(写真はほぼ停車駅ですが)。
画像
安来(やすぎ)駅です。
足立美術館まで足を延ばすのも考えてましたが、
行程に余裕がなくなるのと、高い(入館料2,300円)のとで止めました。
画像
米子駅です(手が映ってしまいました)。
鳥取方面に行くならここから移動となります。
画像
伯耆大山(ほうきだいせん)駅です。
ここまでは平地で、ここから山を登っていきます。
画像
こんな感じの山と川の風景が続きます。
画像
江尾(えび)駅です。
ここは停車駅ではなく、行き合い列車待ち合わせための一時停車。
他にも何か所かありました。
画像
根雨(ねう)駅です。
このあと鳥取と岡山の県境を越え(くぐり)ます。
画像
新見(にいみ)駅です。
姫路まで行く姫新線と、広島まで行く芸備線の乗り換え駅になっているようです。
画像
ちなみに岡山側の方が山と川が多く、列車からの高低差もありました。
画像
備中高梁(びっちゅうたかはし)駅です。
ここまで来ると平地が多くなってきます。
画像
倉敷駅です。
この次が岡山駅になります。

揺れが凄いとの特急やくもですが、やはり以前乗った時より改善されているようです。
少なくとも体が傾く感覚はありませんでした。

さて岡山駅で新幹線さくらに乗り継ぎましたが、
指定席取れてませんでした。
翌月曜海の日の連休初日でしたし。
自由席は満杯とまではならずも座れず。
このまま立ちっぱなしかと思いましたが、
広島駅で下車する客が多くそこから座れました。
さくらなので南九州まで行く人が多いかと思ったんですが、
まだ熊本地震の影響があるのでしょうかね。

以上、二泊三日出雲・松江旅行でした。
天気は小雨にぶつかることもありましたが、
おかげでさほど暑くもなく良かったですね。

次はできれば北陸の方に行ければなと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出雲・松江旅行 2日目その2

2016/07/18 22:16
昨日の続きです。
出雲大社参拝の後は東隣にある島根県立古代出雲歴史博物館を訪れました。
中はともかく外観も撮り忘れたのでHPを参照。
http://www.izm.ed.jp/

これが結構楽しめました。
昔は巨大建造物だったと言い伝えられる出雲大社本殿の模型に圧倒されます。
こんなものどうやって建てたんだと。
教科書でしか見たことなかった銅剣、銅鐸の展示数も凄い数です。
銅鐸ってこんなに大きくてきれいなものだったと現物見て実感しました。
神話シアターは時間が合わずに観ませんでしたが、
これだけ見ごたえのある展示物はそうないと思います。
出雲大社参拝の際は是非合わせて立ち寄ることをオススメします。

この後は松江まで宍道湖北側の一畑電車で移動でしたが、
時間的に昼食を兼ねて島根ワイナリーに寄ることに。
博物館の南にバス停がありバスの時間を見たら次は約20分後。
ふと向かいの看板見たらワイナリーまでは2km。
自分の足で20分、ならばということで歩きました(これはオススメしません)。
曇り空でさほど暑くもなく、のどかな道のりでした。

画像
こちらが島根ワイナリーです。
工場見学できるようになってて(無料)、一通り回りましたが人の姿はなく。
平日だからかと思って奥の店舗に行ったらこちらにたくさんいました。
店舗はワインの試飲もできるようになってて、
私は普段ワインなんて飲まないのですが、少し甘めなのが美味しかったので土産と共に購入。
隣接したバーベキューハウスで島根和牛の定食を食べました。
これもまた美味しく、この時点でもう十分だなと満足感を味わってました(笑)。
画像
ちなみにこれが南側、車で来るとこちらから入る客も多いのでしょう。
出雲の観光ツアーだとここが昼食及び土産購入箇所になってると推測。

さてここから一畑電車の駅(浜山公園北口)へ向かいます、ハイ、歩きです。
島根ワイナリーはこの駅から徒歩15分となってますので、公共機関ならバス移動でしょう。
到着してわかりましたが、こんな所に駅が!と思うほどの無人駅です。
次の電車まで30分ほどでしたが、ここはおとなしく無為な時間を過ごしました。
ここでの乗客は私一人でしたが、電車内にはそこそこ客がいました。
加えてバスガイドならぬ女性の車掌(?)さんがいてちょっとした案内をしていました。
松江(松江しんじ湖温泉駅)まで約1時間、のんびりした電車移動でした。

松江に着いたのが14時過ぎ、ここからバスで松江城付近まで行くつもりでしたが、
周遊バスの松江レイクラインは反時計回りで、しんじ湖温泉から向かうにはちょっと不便。
他のバスはちょっと時間が空いてたので、またしても歩き(笑)。

画像
そんなわけで松江城です。
天守閣まで割と近いなと感じました。
上までは靴を脱いで登ります。
画像
南側の眺望です。建物の向こうが宍道湖ですね。
平日だからかゆっくり眺めることができました。
なおここまで登る階段ですがかなり急です。
多分お年寄りや足の悪い方は厳しいのではないかと。

松江城を後にして北側へ降り、いわゆる塩見縄手を歩きます。
画像
最初に訪れるのがここ・・・小泉八雲記念館のはずでした。
画像
入口の表示です。
実はこの朝のニュースでリニューアルのため閉館しており、翌日一般公開されることを知りました(笑)。
松江の方はここが目的だったのですが、こればかりは仕方ないですね。
一日行程をずらしたとしても、客が多くてゆっく見れなかったでしょうし。
そんなわけで
画像
小泉八雲旧居と、
画像
武家屋敷を見て回りました。
記念館も含め、松江城で共通入場券が買えるのでそちらがお得です。
旧居の方は家の中に上がれます。
私一人だったので座って庭を眺め、たたずまいを堪能しました。
画像
道を挟んだお堀のそばには八雲の胸像があります。
画像
北側から見た塩見縄手です。
武家屋敷の塀が残っており趣があります。
ただ南に行くと歩道が狭く、車の往来も激しいので注意は必要です。

この後、西へ行って松江堀川地ビール館に寄りましたが、
大体こんな感じで観光を終え、バスで宿泊先のホテルに行きました。
ホテルは松江駅近くのグリーンリッチホテル松江駅前です。
出雲と同じく大浴場につられました。
夜は時間はあったのですが、近場で済まそうと駅内で夕食。
コンビニでビール買って、11時過ぎには休みました。
実は部屋のテレビに不具合があり、
結局シングルからツインへ変えてもらうというハプニング(ラッキー?)もあったんですけどね。
まだ続きます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出雲・松江旅行 2日目その1

2016/07/17 22:28
2日目本番です。
朝食食べて8時前に出雲市駅へ。
画像
小さいですが「柔道競技大会開催」の文字が見えるでしょうか。
7月末に宿を予約しようとしてたら空きがないか残りわずか。
調べたらインターハイの全国大会が島根各地で行われるとのこと。
仮に宿や切符が取れてもゆったりした旅にはならなかったでしょう。

さてここからバス移動で約20分、正門前まで行かずに手前の吉兆館前で下車。
出雲大社と反対の南へ向かって最初に訪れたたのはこちら。
画像
JR廃線で駅舎のみになった旧大社駅です。
単なる駅舎にとどまらず建築物としてもすばらしい外観です。
画像
建物の中はこんな感じ、ちなみに見学無料で自由に見て回れます。
画像
更にホームや線路まで残してあります。
当然レールは途中で切れてますが。

出雲大社への玄関口だった頃は多数の参拝客が乗り降りしてたんでしょうね。
「出雲市駅」という呼称もこの「大社駅」と区別するためだったとか(客が間違えて「出雲駅」で降りないように)。

旧大社駅を後に北へ、いよいよ出雲大社へ向かいます。
画像
出雲大社へは本殿までに4つの鳥居をくぐりますが、一の鳥居がこの宇迦橋の大鳥居。
でも駐車場はこの先にあるので、乗車したまま通る客も多いのかもしれません。
画像
土産物屋や蕎麦屋が立ち並ぶ神門通りを抜けて2の鳥居、勢溜の大鳥居。
まぁ普通に考えてここが入り口ですね。
画像
でここからいったん下るんですね。
参道って上りのイメージがあるから意外でした。
画像
3の鳥居、松の参道の鳥居。
実はこの時気づかずにくぐっていません。
両脇を歩くようになってるので、私のように気づかない人少なくないのでは?
画像
4の鳥居、銅鳥居です。
ちなみに4つの鳥居は石、木、鉄、銅とすべて違う素材で作られています。
画像
拝殿です。
出雲大社では二拝、四拍手、一拝ということでここでまず参拝。
画像
御本殿の前です。
この中に本殿の建物があるのですが中には入れません。
ここで再度参拝。
左手に御守所があり、おみくじとお守りを買いました。
ここのおみくじは吉凶ではなく番号なんですね。
運勢はそこそこ良し。
画像
西へ抜けたところにある神楽殿です。
いろんな儀式(結婚式なども)が行われる場所で、この時も何やら雅楽が聞こえてました。

以上、おそらく1時間もかからずに見て回れました。
平日なので参拝客がそう多くはなかったこともあるかもしれません。
思ったよりパワースポット的な感覚はありませんでした・・・鈍い?
すいません、長くなったので続きます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出雲・松江旅行1日目

2016/07/16 21:45
2泊3日で出雲と松江に行ってきました。
以前から出雲大社に行ってみたいというのがありまして、
ほぼ1週間前に宿と切符を確保しました。
JR利用なので1日目と3日目は移動のみ。
片道で6時間はかかりますからね〜。

7/14(木)に職場から時間休取って出発。
岡山まで新幹線さくらで行き、特急やくもに乗り継ぎ。
この乗り継ぎが7分で、購入する時、切符に「お客様指定」(要は乗り遅れても保証できない)を押されました。
心構えして岡山駅構内を駆け降りましたが、すんなり間に合いました。
ちょい時間もあったのでキオスクで駅弁(たこめし)も購入。
ただ夕方にしてはさほど混雑してなかったこともあるので十分間に合うとは言えません。

特急やくもは数年前に体験済。
今回も揺れがひどいとは感じず、昔と比べ改善されているのでしょうか。
車内販売ないので(トイレはありますよ)岡山駅で飲み物等買う時間はやはり要ります。

約3時間揺られて出雲市到着は夜9時過ぎ。
駅名が「出雲市」というのは珍しいのでは?
駅弁は食べても、何ぞ食べるか飲むかできればと思いましたが、時間的に駅周辺はこれと言って見当たらず(探せず)。
結局、駅南のすき屋でうなぎ牛丼を食べました(笑)。

宿泊は駅北徒歩5分のグリーンリッチホテル出雲。
明日が本番だとアルコールもなく1日目を終えました。
実はこの旅行、当初は7月末に計画していたんですが…。
理由は明日。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広島旅行2日目

2015/09/25 23:58
続きです。
私はホテルに泊まると高確率で寝付けないのですが、今回もそうでした。
気づいたら6時前‥あきらめて起きました。
ホテルの朝食は7時には混雑するとあったのでとっとと朝食会場へ。
焼き魚朝食を選んでいつものようにご飯お代わり。
次第に客は増え、私が帰る頃には家族連れが順番待ちの状態でした。
早起き(眠れていないですが)は三文の得?

早起きついでに予定を前倒し、経路も変更。
当初は市電で広島駅に戻り、8:20発の宮島口行きに乗るつもりでしたが、
ホテル近くの市電の駅は宮島口駅寄りの西広島駅に直行できたので、
7時にホテルをチェックアウトして、市電で移動し西広島駅で7:47発宮島口行きに乗車。
8:07に宮島口駅に着きました(約40分前倒し)。

さて2日目の目的地、宮島です。
15分間隔で発着しているJRフェリーに乗船します。
もう一つ宮島行きのフェリーはあるのですが、こちら(JR)は大鳥居前に近づく航路をたどります。
画像
ズームで撮っていますがこんな感じ。
この日は干潮に近づく時間帯で既に柱の根元まで見えています。
10分で宮島に到着‥が、そのわずかな時間で落としたらしく買った切符がない…。
あきらめて改めて180円支払いました。
なお、乗船する時に切符の確認しないなと思っていたら、
切符は全て宮島の方でチェックするようになってました。
(宮島から帰る時は、切符を買ってすぐ乗る前に渡すシステム)

宮島桟橋から右方向、厳島神社に向かいます。
途中にはシカがうろうろ‥いや座り込んでほけーっと言った感じでしょうか。
観光客には関心がないようで超然としていました。
画像
改めて大鳥居、かなり潮が引いています。

歩いて十数分で厳島神社に到着。
本殿がいくつかあり、お賽銭+参拝を繰り返しました。
おみくじも引いたのですが、見事に凶!
奉納所があったので結んで帰りました。
このあと、まだ時間に余裕はあったのですが、
睡眠不足の影響で足が疲れてきたなと他を見て回るのを断念。
帰路は商店街の中を通りつつ、何も買わず宮島桟橋へ。
画像
みたび大鳥居、すっかり潮が引いては柱の下まで観光客が集まっていました。
これで滞在時間は約80分、神社参拝だけならこれで十分ゆっくり回れると思います。
なお、再度フェリーに乗って10時過ぎに宮島口に戻ってきましたが、
これから宮島に向かう客の列が切符売り場付近までズラリと…。
実は一日目に先に宮島へ向かう行程も考えていたのですが、
それだとゆっくり座って船の旅にはならなかったでしょう。

宮島口駅から約30分で広島駅へ。
11時前でしたが早めの昼食。
駅ビル2Fの飲食店でカキフライ定食をいただきました。
その後、再度地下通路を通り新幹線名店街でお土産を購入。
13時過ぎののぞみで広島を後にしました。

初めての、半ば突発的な広島旅行でしたが、結構に楽しめました。
連休中にも関わらず移動時に“満員”の憂き目に遭わなかったは幸いでした。
次はもう少し早めに計画を立てて、ゆっくり観て回れたらと考えてます。
やはりどこに行くにしろ、2泊3日は欲しいですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


広島旅行1日目

2015/09/23 22:41
シルバーウィークの最後(9/22・23)に広島まで行ってきました。
前々から計画していたわけではなく、休みに入る直前に急遽決定。
もっとも広島は何となく旅行先に考えてはいたので、全くのゼロではなかったかもしれません。

交通手段は新幹線(のぞみ)、博多から約1時間で広島駅到着。
画像
地下通路を通って南口に出ましたが、昇り降りが面倒だなとの印象持ちました。
広島駅は新幹線は北口、山陽本線は南口しかなく、通り抜けるには地下通路しかないようです。
普通に通り抜けできる博多駅に慣れてる分、不便に感じるのかもしれませんね。

駅周辺をざっと確認した後、またJR改速に乗って約30分で呉駅まで。
「大和ミュージアム」と「てつのくじら館」を見学しました。
画像
画像
駅から施設までは歩道橋のような通路があるんですね(途中ゆめタウン内を通ります)。
先に入った「てつのくじら館」は無料、「大和ミュージアム」は有料。
客は「大和ミュージアム」の方が多かった(家族連れが大半)のですが、
「てつのくじら館」の方が自分としては楽しめました。

でもう一つの目的である海自カレー。
施設見学前に食べるつもりが、アタリをつけてた所が相当数の順番待ちでこれは無理と断念。
見学後に駅近くで探して2つ目もダメで、3つ目でようやくありつけました(笑)。
呉駅から東へ数分の「りゅう」というお店で食べたのが潜水艦けんりゅう「ソードドラゴンカレー」。
シーフードはどうかなと思いましたがいやいや美味しかったです。
呉駅で帰りに海軍さんのカレーを買って帰りました。
そうそう、呉駅の構内放送は“宇宙戦艦ヤマト”でした。

このあと快速で広島駅に戻り、市電で原爆ドームへ。
画像
さらに歩いて平和記念公園内へ‥ベタですが広島に来たからにはやはり訪れるべきかと。
画像
慰霊碑前では観光客が列を作ってお祈りしていました。
平和記念資料館内も見学しましたが、外国の団体客と重なり、ほとんど素通りで終わりました。

そのまま宿泊先のホテルまで歩いてチェックイン。
地図を確認し、飲食店等集まる所まで歩いて外出。
ドイツビールの祭典「広島オクトーバーフェスト」に顔を出し、1杯だけ飲みました。
すっかりクラフトビールに傾倒しつつあります。

夕食はお好み焼きと決めてたので、そのまま歩いて「貴屋。」といお店へ。
7時過ぎでしたが既にお店の外に順番待ちの客の列。
お昼と違い時間はあるし、ホテルにも近いところだったので最後尾に並びました‥待つこと1時間。
スペシャルお好み焼き+地ビールをいただきましたが、いづれも美味しかったです。
帰りに米分(おにぎり)補給するつもりが、お好み焼きだけで満腹!
地ビールの宮島ビールも味わい良く、和製クラフトビールもイケるなと。
でもこの宮島ビール、ラベル見たら山口県産でした。

ということで1日目終了、2日目は改めて。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


熊本城

2013/06/22 20:58
研修で19〜21日と熊本に出張してました。
台風4号の接近で21日は予定を繰り上げ午前中のうちに終了。
と言っても市内は雨風がひどいわけではなく、JRも通常運行だったため帰る前に熊本城まで。
画像
画像
台風が近づいているにも関わらず結構観光客がいました(中国の団体客も)。
後で知りましたが台風は上陸前に温帯低気圧に変わっていたんですね。

研修会場は熊本駅近くだったんですが、再開発の途中らしく駅まで戻らないと周辺に何もないという…。
昼食は駅南の「うまや」(JR九州ホテル熊本1F)が美味しかったと報告。
繁華街は駅から離れてますが、市電(150円)で移動できるのはいいですよね。
九州新幹線が開通してうちから2時間ちょっとで行けるようになったし、今度は天気が良い時に行ければ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福井・金沢の旅

2012/02/04 19:21
無事なんとか帰ってきました。
結論を先に言えばこの時期に北陸を旅するものではないなと感じました。

まずは往路、京都まで新幹線で行き、そこから特急サンダーバードで福井まで行く予定。
が、広島あたりでそのサンダーバードが運休との情報が…。
運休はその時間の列車のみで1時間後の次は走る(あくまで予定)とのことで、京都で降りてみどりの窓口へ。
指定席は人数分はなくどうしたものかと考えていたら駅員さんのアドバイスで以下のように変更。
京都→(新幹線ひかり)→米原→(特急しらさぎ)→福井
ひかりは自由席だったものの客は少なく、しらさぎの指定席とともにゆっくり座れて移動できました。
到着の遅れも30分程度で済み、駅員さんの機転に助けられましたね。

今回の日程の2/1〜2/3、寒波で日本海側が雪に覆われたのはニュース等でご存知でしょう。
画像
2/2福井の朝。
画像
そして2/3の金沢の朝です。
バスガイドの話(福井〜金沢はバス移動)では雪の度合いは福井>金沢だそうで。
ただ雪に慣れない九州人としては雪が舞う中スイスイ走る車が驚異でした。
高速道路も速度制限等なく普通に走ってましたからねェ。

さて復路は2/3に飛行機で小松〜福岡。
2/2の金沢市内では雪はなく、あとは明日帰るだけと思ってたら小松空港の夜の便が欠航したとの情報が…。
もしかして帰れないかも思いながら金沢の夜は更けていきました…(加えて夜から降雪)。
まぁ結果として飛行機は飛び、予定通りに帰って来れましたが。
後日あのときは凄かったと思い出になるようなスリルのある旅でした(笑)。
無論また北陸に行くのならば冬場は絶対避けますけどね。

追記:福井市内では道路の所々に小さなスプリンクラーがありました。
雪での凍結を防ぐための融雪装置だそうですが、ぼんやり歩いてると水を浴びることに。
私も“洗礼”を受けました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
松江・岡山の旅
松江・岡山の旅 まずは二泊三日の旅・一週目、ほぼ予定通りの行程で帰ってきました。 移動は松江市内でのバス移動を除き、ほぼJRの旅。 当初は岡山〜松江間を高速使ってバス移動を考えてたんですが、変更して正解でした。 新幹線で岡山まで行き、特急やくもに乗り換えて伯備線を北へ進むにつれ外の景色はだんだん白く…。 県境辺りは絵に描いたような雪国でした。 松江に着いた時は既に雪は止み、道端の雪もほとんど溶けてたのですが一夜明けると↓ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/28 20:25
2,400kmの旅
2,400kmの旅 3泊4日の中国の旅から帰ってきました。 最初の2泊が瀋陽で、3日目に大連に移動して1泊。 瀋陽は歴史は古いけど発展途上なのに対し、大連は新しく整備が進んでいて日本に近い街並みでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/28 23:47
兵庫・京都の旅
兵庫・京都の旅 2泊3日の旅(仕事で)から帰ってきました。 お土産の生八つ橋↓ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/05 22:39

トップへ | みんなの「旅行」ブログ

天翔けるB.B.U 旅行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる